トップページ

    このサイトでは不動産のオンライン査定ができるおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「不動産のオンライン査定ができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    不動産のオンライン査定を利用してあなたの家を高く売るために大切なことは、「複数の不動産会社に査定の依頼をして高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    不動産のオンライン査定ができる一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有している不動産を高く売ることができます。不動産の売却というのは人生の大きなイベントなので不動産を高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比較するとわりかし新しい形態のサービスなのですが、参画している不動産会社は全国で1400社を超えているというところがおすすめできるポイントです。
    また、実際に使ってみたユーザーからクレームの多い不動産会社はイエウールの方から契約を取り消すことが出来るので、評判の良くない不動産会社を排除でき、高評価の不動産会社が残っていく仕組みになっています。

    大手不動産会社から地域に根付いた不動産会社まで広範に参加している為、「自分が所有している不動産をオンライン査定で相場を調べて、できる限り高額で売りたい」と思っているのであればおすすめしたい一括査定サービスです。

    オンライン査定に必要な入力も1分程度で査定申込が出来るくらい簡単で、最大6社から提示される不動産の査定額を比べることができます。もちろん、全国対応で無料で利用できます。
    今注目を集めているサービスなので、徐々にユーザーが増えていくことが予想されます。






    イエイ

     イエイは、サイト開始から10年を超える運営実績があり、利用者数400万人以上という不動産売却の一括査定サービス。
    長年にわたる実績がある為、不動産会社の登録社の数も1000社以上と大変多く、最大6社までを選択し査定金額を比較する事ができるのです。

    当然、ブラック企業は完全排除。数年に亘る不動産売却で培われたネットワークを活用し、選ばれた高評価の不動産会社のみが登録しています。

    国内の大手不動産会社は元より、地域密着型の不動産会社からの査定金額も比べる事ができるので不動産の市場価格を理解する為には利用する価値のあるサイトです。公式サイトでは実際に不動産のオンライン査定を利用して高く売れた利用者の声と査定金額も載っているので一度チェックしてみて下さい。






    スマイスター

     スマイスターは、サービス開始から10年以上も運営実績のある不動産のオンライン査定サービス。個人情報保護にも力を注いでおり、プライバシーマークを取得している企業なので安心です。

    利用者数は既に400万人以上で、加盟している約1400社以上の不動産会社から最大6社にオンライン査定の依頼が可能です。「不動産売却は各企業で何百万も違ってくると耳にしたので損だけはしたくない」と思っている場合は、1社にとどまらず数多くの不動産会社に査定の申し込みが可能なオンラインン査定サービスを活用してください。

    公式サイトでは最短45秒程度の入力で最大6社の不動産会社から出される査定価格を比べることが出来るのでおすすめです。スマイスターを利用して不動産会社とのご契約後、10分程度の電話取材に協力すると五千円分のギフトカードが頂けるキャンペーンも実施されています。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としたマンション売却の一括査定サービス。
    マンションをオンライン査定するのに必要な入力事項も45秒あれば完了しますし、パソコンで自宅から簡単に依頼することが出来ます。

    マンションの査定を専門とするサイトなので、所有マンションの売却に強い会社が集まっており、大手不動産会社から地元の不動産会社の全国700社以上の中から最も適した不動産会社を最大9社紹介してもらえます。不動産オンライン査定の利用者は既に360万人を突破し、テレビや各種メディアにも取り上げられるくらいの人気サービスですので、「オンライン査定で自分が持っているマンションの相場を知って、少し手も高く売却したい」と思っているのであれば試してみて欲しいサイトです。

    さらに、他のオンライン査定サイトとの違いでは賃貸価格の相場も分かるので、「数年間マンションから出るけど、将来的には帰ってくるので売ってしまいたくない」と思っている場合にもおすすめしたいサービスです。






    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、NTTデータスマートソーシングが運営している国内最大規模の不動産の一括査定サイト。2001年から運営されている日本で初めての不動産の一括査定サイトで、運営歴が15年以上あるので安心して利用できます。

    不動産売却のこれまでの実績があるので悪質な不動産業者を常にパトロールしているところもおすすめできます。厳しい審査を経た優良業者が約900社登録しており、一度に最大6社の不動産会社が査定価格を算出してくれます。

    「不動産の売却で高く売りたいから査定相場をチェックしたいけど、1社ずつ不動産会社をまわるのはさすがに大変…」と悩んでいる場合は、オンライン査定の申し込みが1分で完了し、いくつかの不動産業者が出した査定見積額を比べることができるホームフォーユーがおすすめです。オンライン査定で相場価格を調べて不動産を高く売るために賢く利用したいサービスです。






    不動産売却コラム

    初歩的なことですけれども、登記簿上の所有者の許諾なしには、住宅を売買することはできないです。

    共同名義で所有している不動産では、共同で所有している全ての人の同意が必要です。

    とはいえ、物件の所有者の一人でも亡くなられている場合には、肝心の同意が得られないのですから、売却するには手続きを踏まなければいけません。

    まず名義を相続人の方に変更し、新しい所有者の同意を得てはじめて売却可能になるのです。

    無事に家を売ることができた場合ですが、一般に言われるハウスクリーニング等は、相談のうえ作成した契約書にそうと明記されていない限り、やらなくてもいいことになっています。

    ピカピカにしなくても、ふだん掃除するのと同じように綺麗にしておけば大丈夫ですが、購入する側から「清掃しておいてほしい」と要望されるケースもあります。

    そのような場合は仲介する不動産会社と相談のうえ、クリーニング代行業者等を使うなどの対処を考えます。

    交渉の範囲内ですから必ず相談しましょう。

    家屋、事務所、土地などの固定資産にかかる税を固定資産税および都市計画税と言います。

    年齢や収入に関わりなく、不動産を所有している人なら毎年納めなければいけません。

    納税義務があるのは、物件を1月1日時点で所有していた人という規定があるため、1月1日より前に売買契約が済んでいても所有権移転手続きが済んでいない場合は、売り主が税を納めなくてはなりません。

    買手に納税義務が生じるのは所有者を新しい所有者に移転した次の年と覚えておくと良いかもしれません。

    仲介不動産屋の選別は一戸建てを売却しようと思い立った時、一番大事なポイントです。

    不動産屋には得意な分野がありますので、そこを見てみましょう。

    一戸建ての売却の実績が多かったり、マンションの売買なら任せてくださいという不動産屋もいますから、用途に合わせて、不動産屋を吟味してください。

    さらに、一戸建ての売却の時は、便利なものといえば一括査定サイトでしょう。

    複数の不動産屋にすぐに依頼が可能で、売りたい物件の相場がわかると思います。

    一戸建てを売却するには、はじめにいくつかの不動産業者に売りたい物件の査定をお願いしてください。

    最も理想に近い条件を提示した業者と契約をしますが、人によっては、選んだ業者に直接買取をお願いするケースもあるようです。

    といっても、ほとんどの場合は、買い手との仲介をお願いする、媒介契約になります。

    疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、これは買取だと、査定対象に建物が含まれることがあまりなくて、買手をみつけるよりも利益が出にくいためです。

    一戸建ての場合、売りたい価格にならない可能性があります。

    よく言われているのは築年数の経った物件で、買い主が探しやすいように更地にしてしまうか、解体費用を負担してほしいと、提案されてしまうこともあるでしょう。

    意外にも、デザイナーズ物件は新築時に建築費が通常よりかかるにもかかわらず、売却時には同じ感性の買い主が見つからずに、こだわっているにもかかわらず思ったより安価になってしまう可能性があります。

    現住物件の売却と新居購入を同時に行って住み替えをしたいなんて例も頻繁に見られます。

    この際は、売却してから購入という順番が正しいリスクマネジメントです。

    売約が契約上は成立していると言ったところで、実際に支払いが行われるまでは予断を許しません。

    支払いが必要な時にお金が手元にないということを防止するためにも、無事に売却できる前提で先に購入しようとするのはすべきではないでしょう。

    不動産売買に関する契約書は課税対象ですので、印紙税が課税されます。

    売却価格によって段階が変わる印紙代は、場合によっては数十万円ともなることがあります。

    その上、売主と買主が互いに契約書を作成するならば、どちらも印紙代が必要になります。

    けれども、この時の印紙税額を決定する金額別の段階は先ほどとは異なりますので、チェックしておきましょう。

    月日が経過しても売却物件の購入希望者がいない場合、これからお話することを確かめてみましょう。

    第一に、所有物件の清掃状態、設備の手入れがされていることを確認してみてください。

    また、仲介契約をしている不動産業者が物件を売り込むのに必要な宣伝を適切に行っているのかも確かめましょう。

    それらを確認したら、最後に価格設定についてもおかしくないかを見直してみましょう。

    買手が見つからない場合、今よりも少し値引きしたり、割安にはなってしまいますが、買い取ってもらうことも考えた方がいいかもしれません。